公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団

Q&A

良く聞かれるご質問

これは一般的なご質問にお答えするものです。この他に、指定大学や奨学生、修了生向けのQ&Aもあります。それぞれの専用サイト内にあるQ&Aもご覧ください。

 

  1. 募集要項が欲しいのですが、「いつ」「どこで」入手できますか?
  2. 応募は直接出来ますか?
  3. 奨学金の募集時期はいつですか?
  4. 私の学校は指定校に入っているでしょうか?
  5. 三菱UFJ信託奨学財団以外の奨学金をすでにもらっているのですが…?
  6. 社会人入学で大学院に入りましたが、応募資格はあるのでしょうか?
  7. 日本人が海外の大学などに留学するときの奨学金制度はありますか?
  8. 中途採用はありますか?
  9. 保護者の所得制限はありますか?
  10. 現在、大学の学部4年生で、卒業後は大学院に進学予定です。今年採用された場合に、大学卒業後の大学院も奨学金の給付は継続していただけますか?
  11. 大学の学部1年生は応募可能ですか?
  12. 願書等の応募書類をパソコンで作成してもよろしいでしょうか?
  13. 奨学生願書に添付する写真は証明用写真でなければいけませんか?
  14. 奨学生誓約書の保証人欄への記入は保証人の自筆でなければいけませんか?
  15. 採用に際して面接はないのですか?
  16. 奨学生としての義務はありますか?
  17. 奨学金は返さなくてよいのですか?返さないということで何か拘束を受けますか?
  18. 採用決定は6月ということですが、最初の奨学金の振り込みはいつになるでしょうか?
  19. 最初の奨学金は6月分からでしょうか?
  20. どこの国の学生が対象ですか?
  21. 研究生も応募は可能ですか?
  22. 応募書類は何語で書いてもいいですか?
  23. 日本語能力は必要ですか?

 

 

a.
  • 問: 募集要項が欲しいのですが、「いつ」「どこで」入手できますか?
  • 答: 3月中旬に各大学の学生課・留学生課へ募集要項を送付します。募集要項は在学中の大学の学生課・留学生課で受け取ってください。

 

 

b.
  • 問: 応募は直接出来ますか?
  • 答: いいえ、できません。大学の学生課・留学生課を通して応募してください。

 

 

c.
  • 問: 奨学金の募集時期はいつですか?
  • 答: 例年3月中旬以降から5月下旬になりますが、詳しい日程は各大学によって異なります。大学の学生課・留学生課にご確認ください。

 

 

d.
  • 問: 私の学校は指定校に入っているでしょうか?
  • 答: 指定校につきましてはこのサイトの「指定大学」のページを参照してください。

 

 

e.
  • 問: 三菱UFJ信託奨学財団以外の奨学金をすでにもらっているのですが…?
  • 答: 当財団は他の奨学金との併給は可能です。併給を希望される場合は現在奨学金を受けている団体にも併給が可能かどうか確認してください。
    また、日本学術振興会の特別研究生に採用されたり、留学生の場合は国費留学生となりますと資格を失いますのでご注意ください。

 

 

f.
  • 問: 社会人入学で財団が指定する大学院に入りましたが、応募資格はあるのでしょうか?
  • 答: 応募資格はあります。ただし、年齢制限がありますので募集要項でご確認ください。
    また、応募時点で当財団の年収制限に抵触しないとしても、社会人として就職していた期間の所得水準ならびに退職時の一時金収入が、一般学生応募者と比べ著しく有利になるとみなされる場合には、採用されない場合があります。

 

 

g.
  • 問: 日本人が海外の大学などに留学するときの奨学金制度はありますか?
  • 答: 当財団は国内の大学に限った指定大学制をとっています。このため、当初から海外の大学に入学したい方のための制度はありません。財団奨学生となられてから留学する場合は、ご相談ください。

 

 

h.
  • 問: 中途採用はありますか?
  • 答: 残念ながら学期中の中途採用は行っておりません。しかし、秋入学で募集期間中に指定大学の推薦が得られる場合には対象となります。この場合には4月以降の支給となります。

 

 

i.
  • 問: 保護者の所得制限はありますか?
  • 答: 日本人学生に関しましては保護者を含めた家庭での所得制限を設けております。

 

 

j.
  • 問: 現在、大学の学部4年生で、卒業後は大学院に進学予定です。今年採用された場合に、大学卒業後の大学院も奨学金の給付は継続していただけますか?
  • 答: 当財団の奨学金の給付期間は、奨学金申請時の正規の最短修業年限としています。(学部→大学院、修士→博士といった進学は、正規の修業年度内とはみなしません。)そのため、卒業後大学院に進学された場合でも、一度給付終了となります。進学後、再度ご応募いただくことは可能です。

 

 

k.
  • 問: 大学の学部1年生は応募可能ですか?
  • 答: 当財団の応募資格は大学学部2年生以上となっています。残念ながら、大学学部の1年生には応募資格はありません。

 

 

l.
  • 問: 願書等の応募書類をパソコンで作成してもよろしいでしょうか?
  • 答 財団が用意した所定のExcelシートを使ってパソコンで作成してください。

 

 

m.
  • 問: 奨学生願書に添付する写真は証明用写真でなければいけませんか?
  • 答: 枠内におさまるものであればスピード写真でもかまいませんが、上半身がはっきりわかるものを添付して下さい。

 

 

n.
  • 問: 奨学生誓約書の保証人欄への記入は保証人の自筆でなければいけませんか?
  • 答: 保証人欄の記入は、奨学生本人や他の方の代筆ではなく、保証人自身による自筆でお願いいたします。また、捺印も奨学生本人の印と別の保証人の印による捺印が必要です。

 

 

o.
  • 問: 採用に際して面接はないのですか?
  • 答: 採用後に毎年1度、面談を実施しております。具体的な実施日や時間は、大学経由もしくは個別に本人にご案内しております。

 

 

p.
  • 問: 奨学生としての義務はありますか?
  • 答: 当財団の奨学生としてふさわしい行動を取っていただきたいと考えております。例えば、学業成績が不良の場合や財団への提出書類等の責務を怠った場合、また、正常な社会の秩序を乱す等、奨学生としてふさわしくない方については、奨学生の資格を取り消す場合もあります。
    また、年に一度の面談、各地区での交流会の出席は最優先でご対応ください。

 

 

q.
  • 問: 奨学金は返さなくてよいのですか?返さないということで何か拘束を受けますか?
  • 答: 奨学金の返済義務はありません。ただし財団在籍期間は財団行事への参加、必要書類の提出はお願いしています。給費修了後、勤務先・ご住所の変更等が生じた場合にも財団にお知らせ下さい。

 

 

r.
  • 問: 採用決定は6月ということですが、最初の奨学金の振り込みはいつになるでしょうか?
  • 答: 採用決定後、各大学宛に採用通知をお送りいたします。採用通知を受け取ったら、指示に従い振込口座を開設し、振込先金融機関、支店名、口座番号、口座名義人(奨学生本人)等をお知らせください。この振込先と誓約書が事務局に届いた時点で第1回奨学金が振り込まれます。なお、振込口座の開設は奨学生本人が手続きしてください。

 

 

s.
  • 問: 最初の奨学金は6月分からでしょうか?
  • 答: 受給は4月に遡って行われます。したがって、第1回奨学金は4月~6月の3ヶ月分がまとまって振り込まれます。

 

 

t.
  • 問: どこの国の学生が対象ですか?
  • 答: 日本の指定大学及び大学院に通う日本人及び留学生を対象としています。国籍は問いません。

 

 

u.
  • 問: 研究生も応募は可能ですか?
  • 答: 残念ですが、研究生は対象外です。申し訳ありません。

 

 

v.
  • 問: 応募書類は何語で書いてもいいですか?
  • 答: 日本語でお願いします。
    ただし、指定大学が英語での授業を前提として学生を受け入れている場合で、その指定大学から正規の学籍が与えられる留学生の場合には、英語での記入を認めます。

 

 

w.
  • 問: 日本語能力は必要ですか?
  • 答: 最近は、指定大学が英語での授業を前提として学生を受け入れているケースもあり、大学での学習や研究は英語だけでも問題はないでしょう。しかし、日本の大学で、日本人の学生と一緒に研究するわけですし、生活のためには一般市民と触れ合う機会も多いでしょう。日常生活ができる程度には日本語が話せるようになる必要はあるでしょう。