公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団

戸田歌音

Scholarship 2021年版 第32号

 

この作品は、当時横浜国立大学理工学部4年 戸田歌音さんに描いていただきました。

以下はこの作品とともに寄せられた戸田さんの言葉です。

「この2年間ほどは新型コロナウイルスの影響で多くの不自由や不安があります。私自身も、毎年楽しみにしていた行事がことごとく中止になってしまったり、友人になかなか会えなかったりと悲しい思いをすることは多いです。不要不急の外出を自粛しているなかで運動のために散歩をしたとき、幼少期によく訪れていた自然公園にたどり着きました。懐かしいという感情が沸く一方で当時と感じ方が異なることに気づきました。その頃はただの背景だったはずの、青々とした木々が、大きな池と橋が、古民家や水車小屋が、今の私には非常に美しく見えました。コロナで毎日つらいことや不安はあるけれども、こんな状況だからこそ、地元の素敵な場所を見つけたり今の自分と向き合ったりすることができると思います。
最後に、三菱UFJ信託奨学財団の皆様に心から感謝を申し上げます。 また、表紙絵を描かせていただくという貴重な機会をありがとうございました。」

(2021年10月)