公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団

三菱UFJ信託銀行

出捐者三菱UFJ信託銀行の社会貢献活動について

三菱UFJ信託銀行は、信託銀行の機能を生かして持続可能な社会の実現を目指し、創業以来さまざまな角度から社会貢献活動を続けてきています。
当財団は、約半世紀前に三菱信託銀行(当時)の出捐により設立され、今日では総財産額100億円を擁するに到っています。
戦後間もない復興の時代において遠く将来を見通し、有能な人材の養成と、学術の研究と発展を目的として設立された当財団は、同行の創業当初からの社会貢献の結実のひとつであり、その精神は今日における同行の広範な社会貢献活動の中にも脈々と受け継がれています。
私ども公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団は、同行の出捐の趣旨を十分に認識し、今後も広く社会に貢献し続けたいと願っております。

三菱UFJ信託銀行の社会貢献活動は、信託の商品を通じての活動や社員を中心とした活動、三菱UFJフィナンシャルグループの一員としての活動など、さまざまな形でおこなわれております。三菱UFJ信託銀行は、経営企画部にCSR室を設置しており、積極的に企業としての社会貢献活動を展開すると同時に、同行の社員に対し社会貢献活動を啓蒙、推奨しています。
なお、三菱UFJ信託銀行の社会貢献活動については、同行のホームページ内の「CSR(企業の社会的責任)への取り組み」にて詳しく紹介されていますのでご覧ください。