公益財団法人三菱UFJ信託奨学財団

濱谷樹莉

Scholarship 2015年版 第26号

 

この作品は、当時同志社大学3年 濱谷樹莉さんに描いていただきました。

以下はこの作品とともに寄せられた濱谷さんの言葉です。

「私が今回描いた花のスケッチは実際にはどのような色をしているのか、見る人には分かりません。しかし、分からないからこそ見る人それぞれがどのような色の花なのか想像することを楽しんでいただきたいと思いあえて花の色が分からないスケッチを選びました。実際に私が描いたのは、カップ咲きのバラとアネモネ、シンフォリカルポスの植物ですべて白色です。白のアネモネは「期待」「希望」などの花言葉があります。これから新しい土地へ向かう私にぴったりの花だと思い選びました。不安もありますが、期待、希望を持ち、この花のように上を向いて様々なことに取り組み、実りあるものにしたいと思います。」

(平成27年9月)